トップ / 体脂肪率を減らして健康に

健康な内臓と体脂肪率

体脂肪率を減らして健康に

香辛料

内臓体脂肪率を下げて健康。 

体脂肪率といいつつ、なんとなく人を外見から見て、体脂肪率が高そうだとか低そうだとか判断しがちですが、外見から見える脂肪よりも、内臓を取り巻いている脂肪の方が悪影響をもたらすようです。ですから、見た目だけ気にして局部的に運動させたりしても、それはそのまま見た目だけの変化で、本当に健康であることを考えるなら、生活自体を変えるべきなのでしょう。食べ物は野菜・豆・キノコ・海藻などがいいです。これらは、ある程度年をとってからそのおいしさに気付く類の食べ物ですね。食の好みは変わるといいますが、それは健康に必要なものを身体自らが要求しているということなのでしょう。

体脂肪率も大切です。 

健康を考えた際、しっかりときにしておきたいのが体脂肪率です。太っていなければ問題がないと考える人もいますが、体型と体脂肪は比例するものではありません。太っていても筋肉が多ければ体脂肪は少なく、痩せていても筋肉が少なければ体脂肪は多くなります。ですから、見た目だけで判断する事は難しく、実際の体脂肪を知るには、体脂肪系などで測定しておく事が大切です。現在の体脂肪率を知る事で、今後どうしていけば良いかなどの目標を立てる事も可能になります。健康について考えた場合、体重だけでなく、体脂肪についても気にしておく事が大切です。

朝ごはんと健康の情報