トップ / 健康的な体温について

健康な人間の体温とは

健康的な体温について

香辛料

健康の保持の秘訣は体温にあり 

人間の健康に一番良い体温は36.5度と言われています。これは体内の酵素が一番よく働く温度で、代謝を促進し老廃物の排出を促し、異物を攻撃する作用が最も効率よく発現する温度です。これより低い場合、代謝が悪くなるので老廃物の排出が滞り、わかりやすい所でいえば古い水分が溜まってむくみが生じます。血流やリンパの流れも悪くなるので健康状態の基礎と言える部分が低下することになります。また異物を排除する機能が低下することは免疫力の低下も意味し、最近への抵抗はおろか、自分の体内でできた異物、つまり癌細胞への攻撃力も落ちます。癌細胞は誰でも毎日大量に作られるので破壊が間に合わないことが長く続くと発症の危険が高まります。なお体温が高い、つまり代謝が高いことはカロリーの消費量も高く、結果としてダイエットになります。

現代人は基礎体温が低い 

健康的な人の平熱は36.5度から37.1度と言われていますが、現代では36度以下という低体温の人が増えています。体温が低くなってしまっていると、血液の流れが滞るため、免疫力が下がります。血液は、体を構成する細胞全てに栄養と酸素を送り届けて、老廃物を回収するという働きをしています。その血液の中にある、免疫機能を持った白血球が体を健康に保つ役割を持っているのです。そのため、平熱を上げ、良い血流を保つということは、病気にかからないために大切なことであると言えます。平熱が低くなってしまう原因として、筋肉量の低下が上げられます。筋肉を鍛えることで、免疫力を高めることができます。

朝ごはんと健康の情報